fc2ブログ

新WEBサイト公開開始しました

 
■ご訪問者数
■東海ダンマサークル紹介

zaike2号

Author:zaike2号
 東海ダンマサークルでは、東海地方をベースにお釈迦さまの説かれた「テーラワーダ仏教(初期仏教・上座仏教)」を、皆さんと一緒に学び実践するために活動しています。
 また、日本テーラワーダ仏教協会より、定期的に長老(お坊さま)方をお招きし、法話・勉強会・冥想実践(ヴィパッサナー)を行っています。

■カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■記事検索

■最新記事

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■QRコード

QRコード

「紀伊半島の旅」③ 「紀伊半島の旅」④




協会の記事ではありません。
サークル仲間の徒然日記です。





「紀伊半島の旅」③

 お友達の武和(新宮在住)さんに案内してもらい熊野信仰の原点となる
神倉神社・ゴトビキ岩(天盤盾)にも参詣した。

  ご神体は大岩。それも圧倒される一山丸ごとの一枚岩。熊野権現様
神話時代にこの地に降臨。熊野大社本宮・那智熊野大社・熊野速玉大社
の三山の元宮と云われるところ。

 無常の流れ遍歴があり今は熊野信仰のオリジナルも飾りっ気なく静かな
佇まい。その素気感がいい。

 源頼朝が寄進した538段の急勾配の鎌倉式石段のゴツゴツ感は実に
いい感触だった。杖を使いそれに一歩一歩足の感覚を観察しながら登る
と、妄想することなく今ある熊野の大地に触れる充実感が味わえてとても
よかった。

 平安時代から熊野参詣は人気がある。自分たちの一族の繁栄を願って
来る人。もう一方は一遍上人のように自分の一切を捨てる場としてきた人。

 熊野を訪れて一遍上人に出会えたことが嬉しい。一遍上人は「心品のさ
ばくり〈思慮分別)を捨てる」。一切捨てよ。これで悟られたという。

 熊野路が近くなった。




「紀伊半島の旅」④

 熊野速玉大社には鳥羽上皇が21回、後白河上皇が33回、後鳥羽上皇が
28回参詣している。

 京都御所からかの地まで地道で210キロ(naviによる)あり、車で7時間。
当時は往復約一か月の旅程。それに貴族用の旅費&サポートがいる

 なんとまあよくやるなぁと思い調べてみると天皇は公務が多くそれに行き
たいと思ってもそれを実現するだけの権限がなかった。

 影の権力者は上皇という立場だった。時間と金と権力を併せ持って己の欲望
を充たしていた。いわゆる院政といわれるもの。

 熊野詣で33回なんて軽いもの。白川上皇曰く「「私の思い通りにならな
いのは、鴨川の水とサイコロの目と山法師の三つだけだ」

 私にも思い通にならないものが三つある。「貪・瞋・痴」(とん・じん・
ち)という私を操る妄想の根源、悪魔の法王はどうにも権力が強すぎる。








スポンサーサイト



徒然日記 | 15:28:12 | トラックバック(0) | コメント(0)