fc2ブログ

新WEBサイト公開開始しました

 
■ご訪問者数
■東海ダンマサークル紹介

zaike2号

Author:zaike2号
 東海ダンマサークルでは、東海地方をベースにお釈迦さまの説かれた「テーラワーダ仏教(初期仏教・上座仏教)」を、皆さんと一緒に学び実践するために活動しています。
 また、日本テーラワーダ仏教協会より、定期的に長老(お坊さま)方をお招きし、法話・勉強会・冥想実践(ヴィパッサナー)を行っています。

■カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■記事検索

■最新記事

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■QRコード

QRコード

 雨安居お布施の案内をさせていただきます
 





お知らせです。
 雨安居お布施の案内をさせていただきます






みなさま こんにちは
 梅雨も明けたようで、今日も暑い一日となりました。暑中お見舞い申し上げます。
 明日、アラナ精舎にて雨安居入り法要が15時30分から行われます。平日ではありますが、もし参加できる方がありましたら、ぜひご一緒に。よろしくお願いいたします。
▼参考資料 雨安居について
http://gotami.j-theravada.net/kathina_civara_puja.pdf
お幸せでありますように Mayadevi office 趙拝
生きとし生けるものが幸せでありますように





みなさま こんにちは

 雨安居お布施の案内をさせていただきます。本日法要が行われ、雨安居(約三か月間)が始まります。今日の法要に参加できない方も、食事お布施をはじめ、品物や金品のお布施も随時受け付けております。お布施なされる方は、下記にある口座に「雨安居お布施」と明記しお振込みください。品物などは精舎までお送りください。

 食事お布施につきましては、また改めて案内いたします。一人ひとりのできることで、ご協力いただけましたら有り難いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。


◇お布施 ご案内<お振込み>

①【郵便振替口座へお振込みの場合】
口座番号:00120-5-763914
加入者名:宗教法人 日本テーラワーダ仏教協会

②【他の金融機関からのお振込みの場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 〇一九 店(ゼロ イチ キユウ店)
口座番号:当座 0763914
口座名:宗教法人 日本テーラワーダ仏教協会

※必ず氏名・連絡先・電話番号、通信欄/通信文に「雨安居お布施」とご記入ください。


お幸せでありますように Mayadevi office 趙拝
生きとし生けるものが幸せでありますように







スポンサーサイト



お知らせ | 09:48:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
精舎で興味深い資料を拝見することが出来ました。
 




協会の記事ではありません。
サークル仲間の所感です。
 <
大仏とやっさんとやさしい教え>





アラナ精舎で、来日されているインドネシアのクサラダンマ長老に2年ぶりにお会いすることが出来ました。嬉しいことです。ただ僕は日本語しか話せず、クサラダンマ長老は日本語の勉強中で、カタコトのコミュニケーション、ちょっと残念な感じでした。

ところで、精舎で興味深い資料を拝見することが出来ました。新参宗教についてのレポート集です。2600年近い歴史を持つテーラーワーダ仏教であっても、大乗仏教国の日本では「新しい」カテゴリーの宗教。レポートでは、その新しい日本テーラワーダ仏教教会の活動を詳しく分析されていました。

スマナサーラ長老の著書と活動、法話会と瞑想指導、各地ダンマサークルにおける勉強会など、様々なことがレポートされていました。イベント初参加の方々に参加動機を尋ねると、スマナサーラ長老の著書を読んで仏教に関心を持ったからというものが多かったとか。但し、そうして参加された人たちがその後も継続的に行事に参加するようになることは多くはなく、それが会員数が増えない理由にもなっているようでした。また、長老方が参加されない勉強会などは会を重ねるごとに参加人数が減少し2~3名にまで減ってしまうこともあるらしい。

長く仏教を学んでいる人と、これから学ぼうとする人との知識の差は、当然ながら大きくあり、その乖離も参加者を伸ばせない原因のひとつになるとレポートは結論づけていた。結局、長く仏教に携わっている人との知識の差を受け入れながらも、関わりを持とうと努める人でないと継続的に参加していくことは難しいらしい。確かに、法話会で経験の浅い人が多くの参加者を前に仏教について長老に質問をしたり、勉強会などで豊富な知識を有しているように見える人に対して自らの意見を述べ返答を受けることが心地よいことだとはとても思えない。

だからこそ、継続的に学びを続ける者は、仏教に興味を持ち始めた人に対して、レポートで指摘されているような行動を慎まなければならない。自らに得た知識を誰かに示したいとするのは人の持つ性質だとしても、仏教は絶対にそれは良しとはしないはずだと僕は考えます。法話会で質問しながらも、ただ自ら有する知識を披露したいだけではないのかと感じる人や、座談会等で他者にレクチャーをするかのような上からコメントを発する人を目にすることがあるけれど、どちらも良いことだとはとても思えない。

仏教を学ぼうとする者としては、そのような行いに至らないよう、常に自らを戒めることを忘れてはいけないし、何より他者に対して自己の主張を通そうと考えることはもっとも控えるべきだとレポートを読みながら考えたのでした。







大仏とやっさんとやさしい教え | 08:57:25 | トラックバック(0) | コメント(0)