FC2ブログ

新WEBサイト公開開始しました

 
■ご訪問者数
■東海ダンマサークル紹介

zaike2号

Author:zaike2号
 東海ダンマサークルでは、東海地方をベースにお釈迦さまの説かれた「テーラワーダ仏教(初期仏教・上座仏教)」を、皆さんと一緒に学び実践するために活動しています。
 また、日本テーラワーダ仏教協会より、定期的に長老(お坊さま)方をお招きし、法話・勉強会・冥想実践(ヴィパッサナー)を行っています。

■カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■記事検索

■最新記事

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■QRコード

QRコード

「瞑想道場破り」と言えるほど、あちらこちらの瞑想会に出席されている方とお話ししました。





協会の記事ではありません。
木下全雄  さんの ブログの紹介です





再稿です----


今を幸せに生きる道! Be Happy!


お 釈迦様と皆様との懸橋になる事を目標にしている「日本一大きいお坊さん(高野山真言宗・大乗仏教僧侶)による仏教法話」ブログです。 仏教に「信仰」や「洗脳」は必要ありません。その代わりに現代人に相応しい、客観的で論理的で科学的な思考が必要です。 その結果人は、日々の暮らしの中で堂々と元気に明るく生きる勝利の道を歩み始めます。そしてついには、苦しみの原因となる様々な問題を自力で乗り越える賢 者の仲間入りを果たし「人生の達人」になる事が出来るのです。 それではこれからご一緒に慈悲の心を育てて、苦しみを乗り越える道にも挑戦して行きましょう。扱う内容は悟りから墓場まで多様です。また様々な悩みの無料 相談窓口もございます。状況に応じて、往訪・来訪相談もお受けします。 また、東京・神奈川・埼玉・千葉周辺でのお葬式(ご葬儀)や御法事のご依頼(僧侶派遣・寺院紹介にも対応)も承っております。

修行は主観を置いてから!(お釈迦様の教え・ブッダ・僧侶派遣・仏教法話・法話会・仏事相談・法事・人生相談・育児相談・悩み相談・葬儀・戒名・真言宗・明るい生き方・三宝庵釈迦如来堂・実況中継・ヴィパッサナー冥想・主観・妄想・洗脳・冥想道場・偏見)



「瞑想道場破り」と言えるほど、あちらこちらの瞑想会に出席されている方とお話ししました。

どの教えも素晴らしい、と仰っていました。道徳を守る事は勧めている様でしたので、非難はしませんでした。しかし、一口で「宗教」と言っても色々ある様に、瞑想にも色々あります。

私達には、よく理解しておいた方が良い事があります。悟りに至る瞑想方法は、「ただ一つ」です、という事です。本当に智慧ある生き方に私達を導いてくれる瞑想方法は、「ただ一つ」です。

そこを間違えてしまうと、可愛いハトがゴミ箱を漁っている様に、惨めな状態になってしまいます。本人は嬉しいのでしょうから、放って置いても良いのです。しかし修行仲間が、惨めな状態になっているのは、ちょっと残念なのです。

私も初めてスマナサーラ長老のご指導の下で「ヴィパッサナー瞑想」と出会った時、「この素晴らしい瞑想方法を、真言宗の教えに吸収出来ないだろうか?」と 考えました。その事を瞑想会幹事をされていた曹洞宗の宝泉寺御山主の笛岡泰雲老師に申し上げた所、「今までの事とは別のものとして、ヴィパッサナー瞑想の 実践にだけ励むように」と教えて頂きました。

そこで、仰って頂いた通り「私の悪い頭の変な判断はやめよう」と、決心しました。スマナサーラ長老のお教えを自分なりにしっかり守って、「ヴィパッサナー瞑想」をしてみたのです。

するとどうでしょうか。以前にも書きましたが、人生のあまりのシンプルさに驚いたのです。

どの様な車に乗っていても、やる事は、ハンドルを回すか、ペダルを踏むか、離すか、窓を開けるためのボタンを押すか引くか、前を見るか後ろを見るか、といった事しかしていない事に気付きました。車が高級か中古か、などは人間の勝手な判断であると気付いたのです。

家に帰ると、どの様な服を着るにも、手を伸ばして服を取り、手を曲げて服に手を通して、また伸ばして服を着る、というシンプルな動きしかしない、という事に気付きました。

風呂に入るのも、トイレに行くのも、布団に寝るのも、実にシンプルな「筋肉を曲げるか伸ばすか」の世界であると、気付きました。

このシンプルな世界にいながら、私達は「欲張り、怒り、落ち込み、悩む」のです。何という事でしょうか!

そんな弱々しい心を叩き直す、落ち込む必要がない事に気付かせてくれるのが、私にとっての「ヴィパッサナー瞑想」でした。

この「ヴィパッサナー瞑想」を知ってしまえば、どの様な人も、どの宗教の人も、悩み、苦しみを解決出来るのです。ですから、皆が幸せになるためには、この正しい「ヴィパッサナー瞑想の実践方法」を学ばなければなりません。

しかし、あちらこちらに「正しいヴィパッサナー瞑想道場」という看板が掲げられてきています。初めての方は、どれが「本当に正しいヴィパッサナー瞑想」な のかと、迷ってしまう可能性があります。ゴチャゴチャと論理ばかり言う、頭でっかちの瞑想道場もあります。そこで見分ける時の注意点があります。

注意すべき第一点は、私の様な「半僧半俗」の人間が教える「ヴィパッサナー瞑想」は、完全な初歩の初歩段階でしかありません、という事です。在家という家 庭がある人間では、「生き続ける事に対する執着」が完全になくなる事はありません。ですから、初歩程度しか理解も出来ませんし、教えられないのです。

しかし、お釈迦様の出家僧団の方々は、完全に「執着」を断つ事が出来るのです。ですから、私達の「両親」の様に私達を見守って下さいますし、「師」として導いても下さるのです。

でもその出家僧団の中に、注意すべき二点目があるのです。それは、出家僧団の皆様が悟りを開かれていらっしゃる訳ではない、という事です。「私は悟った」と言って尊敬を集めようとする方や、「あなたはあと2年で悟ります」と言って、おだてて下さる方までいらっしゃいます。

私達は在家ですから、出家僧団の方々の文句は言わない方が無難です。が、まともなのか、ちょっと怪しいのかはキッチリと見極める必要があるのです。

あっちの教えを聞いて、こっちの教えも聞いて判断しよう、というのでは、まずダメです。そんなに私達の判断能力が高いのでしたら、もうとっくに悟っている はずです。自分の知識を、自分の判断能力を買い被るのはよくないのです。自分の判断を、先ず置いておき、信頼出来る人の言葉を信じて、実践するしかありま せん。私にとって、その信頼出来るアドバイスを下さったのは、笛岡泰雲老師でした。

では皆様はどうされますか?

私のブログを読んで下さっている皆様ですから、少しでも私の事を信じて下さるのならば、答えは「ただ一つ」です。この日本において「お釈迦様のヴィパッサナー瞑想」のご指導をして下さる「師」は、ただ一人です。

「師」も私達も年を取ります。いつ死んでしまうかも分かりません。迷って、あっちこっちに行っている暇はないのです。すぐに、直接「ヴィパッサナー瞑想初心者指導」を受けるべきです。

受けたならば、後は自分で頑張るのみです。それが「師」に対する感謝の表し方です。








Be Happy! | 09:42:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する