FC2ブログ

新WEBサイト公開開始しました

 
■ご訪問者数
■東海ダンマサークル紹介

zaike2号

Author:zaike2号
 東海ダンマサークルでは、東海地方をベースにお釈迦さまの説かれた「テーラワーダ仏教(初期仏教・上座仏教)」を、皆さんと一緒に学び実践するために活動しています。
 また、日本テーラワーダ仏教協会より、定期的に長老(お坊さま)方をお招きし、法話・勉強会・冥想実践(ヴィパッサナー)を行っています。

■カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■記事検索

■最新記事

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■QRコード

QRコード

私達は人々の幸せのための新しい布教の在り方としてマインドフルネスから始めても良いのではないか
 




協会の記事ではありません。
木下全雄  さんの fb の紹介です





マインドフルネスを学べば、ヴィパッサナー実践で全てやっていることだと気付くと思います。そのマインドフルネスという立場を使えば、医療現場でも教育現場でも他宗教の布教現場でさえも、現代人に相応しい理性的で道徳的な生き方を提案することができるのです。それならば、私達は人々の幸せのための新しい布教の在り方としてマインドフルネスから始めても良いのではないか、と思っています。

自己を客観視する仕組み
仏教では、私はない、という無我の教えですね。刻々と変化する無常であるが故に、私という実体は本来成り立たないのです。しかし誰でも西洋哲学の「我思う、ゆえに我あり(デカルト)」のように変わらない私は居るだろうと思っているのです。そこでそれに待ったをかけて、その思考もその感覚もその肉体も変化をして変化を感じているのが事実ではないのか?と問うているのが仏教の立場です。
そこでその無我の観察・確認・証拠集め作業のために、仏教の修行では自分がしている動作、自分の感覚、自分の心境など、自分自身を拠り所として、自分を観察します。これはヴィパッサナー実践において「実況中継」として顕著に見られる観察方法です(自分を変える気づきの瞑想法 A・スマナサーラ長老)。
動作ならば、伸ばす・曲げる・上げる・つかむ・下げる・しゃがむ・回す・歩く・吸う・吐くなど、現実世界でやっていることを動詞で確認します。
感覚ならば、立っている・座っている・横たわっている・見ている・味わう・痛み・かゆみ・暑さ・寒気・しびれ・硬いと感じる・冷たいと感じるなどと、「〜と思っています」というように自我の主観を弱めた形で観察します。
心境ならば、怒り、落ち込み、妄想している、眠気、喜び、など好き嫌いや善悪という判断をせずに自分の心境さえも客観的に観察するだけで十分なのです。

木下全雄さんの写真







Be Happy! | 16:46:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する