FC2ブログ

新WEBサイト公開開始しました

 
■ご訪問者数
■東海ダンマサークル紹介

zaike2号

Author:zaike2号
 東海ダンマサークルでは、東海地方をベースにお釈迦さまの説かれた「テーラワーダ仏教(初期仏教・上座仏教)」を、皆さんと一緒に学び実践するために活動しています。
 また、日本テーラワーダ仏教協会より、定期的に長老(お坊さま)方をお招きし、法話・勉強会・冥想実践(ヴィパッサナー)を行っています。

■カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■記事検索

■最新記事

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■QRコード

QRコード

結髪経(相応部:ジャタスッタ)





協会の記事ではありません。
サークル仲間の所感です。
 <
大仏とやっさんとやさしい教え>





結髪経(相応部:ジャタスッタ)

神が世尊に問う。
「内にも外にも縺れあり
人は縺れにまどわされている
ゴータマよ、それゆえそれを問う
誰がこの縺れを解きうるか」

世尊は答える。
「智慧人として戒(五戒)を保ち
心と慧とを修習する
賢明にして、熱心な比丘
かれはこの縺れを解きうる
貧も瞋もさらにまた
無明をも離れ脱したる
漏尽にして阿羅漢なる
かれらの縺れは解かれている
名も色も残りなく
また有対も色想も
消滅しているところには
その縺れは断ち切られる」

先週の日曜日、ちょっとだけ早起きをして、クサラダンマ長老の法話を聞きに、アラナ精舎に行きました。結髪経の解説。クサラダンマ長老の経典解説は、とても素晴らしい。

長老はいつも、経典に何が書かれているかを解説されるのではなく、経典に書かれていることを、日常にどう取り入れ実践していくかを説かれる。素晴らしいものだと飾っておくのではなく、記されていることを日々の生活に取り入れてこそ、経典は意味を持つのだと教えてくれる。

今回もいくつもの教えを頂きましたが、やはり五戒を守ることがすべての礎。そこに熱心さ、賢明さ、智慧を加え、貪欲・ケチ・怒りを脱し、清らかに生きることを目指す。それで人は縺れを解く。

方法はしっかり教わったのだから、あとはかる~く実践するのみです。


画像に含まれている可能性があるもの:猫









大仏とやっさんとやさしい教え | 15:04:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する