fc2ブログ

新WEBサイト公開開始しました

 
■ご訪問者数
■東海ダンマサークル紹介

zaike2号

Author:zaike2号
 東海ダンマサークルでは、東海地方をベースにお釈迦さまの説かれた「テーラワーダ仏教(初期仏教・上座仏教)」を、皆さんと一緒に学び実践するために活動しています。
 また、日本テーラワーダ仏教協会より、定期的に長老(お坊さま)方をお招きし、法話・勉強会・冥想実践(ヴィパッサナー)を行っています。

■カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■記事検索

■最新記事

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■QRコード

QRコード

「気づき」の迷宮  サティの実践とは何か?(MP4動画zip圧縮)



 
協会のfbより紹介です。



「気づき」の迷宮  サティの実践とは何か?(MP4動画zip圧縮)
5afd344a122a7d251100006c

「気づき」の迷宮  サティの実践とは何か?(MP4動画zip圧縮)

¥1,080 税込

※こちらはダウンロード商品です

V-219_2012_0114_sati.zip

591MB

※スマナサーラ長老の初期仏教月例講演会を完全収録したMP4動画ファイルです。ダウンロードしたzipファイルを展開(解凍)してご視聴ください。ライブ収録のため、一部画面の乱れ、音声の聞き取りにくい箇所があります。予めご了承ください。

【概要】初期仏教では「解脱・涅槃」への一本道として四念処の実践(気づきの実践、ヴィパッサナー瞑想)を指導します。それは「いま・ここ」の瞬間に何が起こっているかに気づくサティ(sati 念,気づき)の実践として説明されています。
 このサティには複数の意味があります。大きくは、A.瞬間瞬間の気づき・注意・不放逸、B.特定の(冥想)対象・法に心をかける、C.単なる記憶作用、にわかれます。日本などの北伝仏教では、サティ(サンスクリット語ではsmṛti)はBやCの意味で取られることが多く、テーラワーダ仏教の「気づきの実践」が紹介されるまで、「気づき」としてのサティは忘れられていました。むしろ「念仏」という言葉にみられるような、仏教に関連したイメージや言葉を繰り返し想起し続ける(念じ続ける)ことがサティの実践と解釈されてきたのです。
 一方、「気づきの冥想」を伝えてきた南伝のテーラワーダ仏教にも、いわゆる「念仏」に相当する仏随念などの実践が伝えられています。これらはどのように関連付けられるべきなのでしょうか?
 サティが「気づき」と訳されたことは多くの人々にとって福音でしたが、一方で新たな弊害も起きています。いわゆるスピリチュアル系の教えや、自己啓発セミナーなどでも盛んに「気づき」という言葉が用いられていることです。英語でサティがawareness,mindfulnessなどと訳され、その訳語に乗っかった形で神秘主義的な、また欲にまみれた「気づき」の大安売りが始まっているのです。
 今回の初期仏教講演会では、長い仏教の歴史の中でさまざまに用いられてきた「サティ」の意味を様々な角度から分析して、お釈迦様が語られた「サティ」の真髄に迫っていきたいと思います。(2012年1月14日 国立オリンピック記念青少年総合センターにて収録 商品番号:V-219)











お知らせ | 17:19:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する